川崎中一殺害事件で、上村僚太君が18歳の少年に

リンチを受け殺害されてしまうという残酷な事件が起きてしまいました。

裸にして、川で泳がせた挙句、カッターナイフで顔や首を切りつける

という残虐な殺害の仕方に、18歳の少年は死刑になって罪を償えと

いう声が・・・。

 

 

少年法

13歳の幼い命を奪われた家族の苦しみと言ったら計り知れないと

思うのです。

少年法が改正にならない限り、今後も未成年による

犯罪が繰り返されるかもしれない。

上村僚太君の将来を返して欲しい・・・という切実な思いが

残るばかりです。

 
野放しにできない少年法改正案をもっと国会で論議して

欲しいと思いますよね。

選挙権を20歳から18歳にするという議案が成立するとしたら

少年法も改正するのが当たり前だと思いますが・・・

 

 

少年法という理由から、本人の顔写真や名前が伏せられて

ますが、世間では少年法を早く撤廃すべきだとの声も多いようです。

中には、死刑にしろとか、無期懲役で社会復帰できないようにしろとか、

社会復帰したとしても絶対に許さないといった声も多く聞きます。

 


スポンサードリンク




 

 

では、どうしてリンチ事件にまで発展してしまったんでしょうか?

以前に18歳の少年Aは先輩からいじめを受けていたようです。

万引きを強要されたり、使いパシリにされたりと・・・

そのような過去の先輩からの圧力から耐え切れず、

下の弱い者への復讐にと走ってしまったのか・・・

 

 

 

殺害するほど憎かったのか?

 

上村遼太君が暴行にあってから、別の中学生グループが、18歳の

少年Aの自宅に訪れ抗議したことから、上村君が憎くなり

犯行に及んだといいます。

 

 

 

その時少年Aの頭に昔のトラウマが浮かび行動に

走ってしまったのでしょうか?

日がたつにつれ、自分の犯した罪の重さを感じてきたようですが、

上村遼太君は戻ってきません。

果たしてこの少年Aはこの先、罪を償い更生できるのか?

 

 

上村遼太君が不登校になってから、教師や親などがもっと

上村君に接していたらこんな悲惨な事件にならなかったかもしれないという

意見も多い中、教育委員会も今後不登校の生徒たちがいないか

現状を把握するようです。

 


スポンサードリンク



 

教師も生徒と日頃からコミュニケーションをもち、勉強を教えるだけでは

なく、もう少し生徒と接する機会をもうけるなど、指導の仕方も

見直す必要があると思うのです。

 

 

女子高生コンクリート詰め殺人事件

 

まだ記憶に新しい、平成2年におきた女子高生コンクリート詰め殺人事件。

17歳の少年数人でバイト帰りの女子高生を自宅に監禁し暴行。

 

 

挙句の果て殺害し、ドラム缶に入れコンクリート詰めにしたあと

埋立地に遺棄した事件です。

 

 

主犯格の少年Aは少年法に守られ死刑を免れました(懲役20年)

その後出所していますが、池袋で振り込め詐欺の受け子として

捕まり、犯人の事を取り調べで何も話さなかったことから釈放されています。

 

 

少年Bは、仮出所後、男性にいいがかりをつけるなどし

更生しなかったというので、懲役4年後、出所しました。

 

 

少年Cは監禁事件となった部屋の提供者ですが、出所してます。

少年Dは少年院でいじめにあうも、出所後は引きこもり症候群。

少年Eは少年A・B・Cにリンチにあい、出所後は地元のスナックで事件の事を

自慢そうに話し何も反省しなてない様子。

 

 

少年Fは社会復帰をして、新聞配達をしその後結婚。子供が産まれ

某建設会社の社員として働いています。

主犯格の犯人を野放しにしておいた結果が、振り込め詐欺の受け子に

なっているとは、まったくの反省の余地もないようです。

 

 

更生しているどころか、犯罪に手を染めようとしている。

このような過去の少年の犯罪を見てもわかるとおり

少年法が改正にならない限り、上村遼太さんを殺害した少年Aも

何の更生もせず服役したとしたら、また何か罪を犯さないとも言い切れません。

 

 

少年Aは人を殺してみたいと昔友人に話していた少年ですよ。

今は取り返しのつかない事をしてしまったと反省してますが

罪を軽くしたい為だと思います。

 

今回の裁判は裁判員裁判の対象になるようです。

弁護士の話によれば、

「18歳の少年は内容によっては、死刑も視野に入る」と

言っています。

殺害した少年Aの死刑は免れないでしょう。

 

 

スポンサードリンク