女優の北川景子さんとDAIGOさんの結婚が

間近と噂されていますが本当なんでしょうか?

アッコさんにも紹介済みという事は、まさかの

結婚へとつながるのでしょうか??

指輪が意味する二人の今後とは・・・

 

北川景子0

もしも二人が結婚するとなったら世の男性陣は

がっかりする一方、何でDAIGOと~?なんて

驚く人も多かったりして・・・笑

 
それもそのはず、DAIGOさんといえばテレビでもおなじみの

「ウイッシュ」や「そうっすね」なんてポーズを決めた

おバカキャラとしてウケ狙いのタレントなんて

決めつけてる人が多いからです。

 

 

でも、実際はクイズ番組での知識が豊富で

難問の問題や漢字などもスラスラ回答するなど、本当は

頭脳明晰な一面を持っているんです。

 
だってDAIGOさんといえば故竹下登元首相の孫ですからね~

やはり血筋なんでしょうか?

 
北川景子さんも家柄だけに惚れたのではないと思いますが・・・

そんなDAIGOさんがなぜ北川景子?って思うのもムリもないかも

知れません。


スポンサードリンク




 

北川景子さんは女性からの人気もありますからね

なんと言っても「なりたい顔ナンバーワン」に2年連続で

選ばれてますから女性からの支持も高い美貌の持ち主です。

 

2人のプロフィールは?

北川景子ダイゴ

北川景子さんプロフィール

生年月日:1986年8月22日(28歳)

出身地:兵庫県

身長:160㎝

血液型:O型

学歴:明治大学商学部卒業

所属事務所:スターダストプロモーション

 

 

DAIGOさんプロフィール

生年月日:1978年4月8日(36歳)

本名:内藤大湖(ないとうだいご)

出身地:東京都

身長:178㎝

血液型:AB型

学歴:玉川大学文学部芸術学科中退

所属事務所:A-PLUS

 

DAIGOさんの本名は内藤大湖さんだったとは・・・

元プロボクサーの内藤大助じゃないですよ~笑

 
なぜ大湖とつけたかというと大きい湖のような

心の広い子に育って欲しいと名づけたらしいです。

決して名前負けしてませんね、心は海のように

広そうですから~

 

 

何故かって?過去の男性遍歴やヘビースモーカーと言われている

北川景子さんを広い心で受け入れてるじゃないですかぁ・・・

ってちょっと違う??

血液型もA型とAB型は相性がいいそうです

 

北川4

北川景子さんといえば、お嬢様キャラでも有名ですが大学は

明治大学商学部をAO入試で合格し卒業しています。

えっ?AO入試とは何ぞや?という人の為に

AO入試とは・・

 

小さいころから医者をめざし高校で理系コースに通うも

成績が伸びずに偏差値ですべてを評価されるのがおかしいと

思っていた矢先、今の事務所にスカウトされたようです。

その美貌ではスカウトもされますわw

それにしても医者から芸能界入りとはラッキーでしたよね。

 

2人が出会ったきっかけは・・・

 

2人が出会ったきっかけは、さかのぼること4年前の

テレビドラマ「LADY」にDAIGOさんがゲスト

出演したのが最初の出会いで、そして去年の1月バラエティー番組に

2人が出演し再会した事がまた新たな恋の発展になったようです。

 
そこで、何でも言葉を略すDAIGOさんの略語に北川が

ウケたのか、番組ですっかり二人の仲が急接近

連絡先を交換する仲になったとか・・・


スポンサードリンク



再会するまでは北川さんにも色々と恋の噂が

ありましたからね~

わかってるだけでも、向井理、斉藤祐樹、城田優、松本潤、玉木宏

山下智久などなど・・・

 

すべてイケメン、そしてDAIGOさんもイケメンですから

どうやらメンクイのようですね。

北川ダイゴ

まぁこれだけ綺麗だったら男性遍歴がないといったら

おかしいですからね~

交際が発覚したDAIGOさんとは、忙しい仕事の合間に

北川さんがDAIGOさんのコンサートに行ったり

親密に交際が続いているようです。

 

指輪が意味するふたりの今後は・・・

 

2人は婚約指輪?と噂されているペアリング

していたというのはどうやら本当らしいです。

 

左の薬指が北川景子さんです。どう見てもペアリングですよね。

ブランド名はローリーロドキンです。

ローリーロドキン

ローリーロドキンはDAIGOさんが以前からネックレス

身につけていたので、じゃぁペアで指輪も・・・ってことに

なったんでしょう。

 

ペアリングまでした二人は本当にこのまま結婚へ

進展していくのか?

それともただの交際だけで終わってしまうのか?

2人の今後の動向が気になるところですね。


スポンサードリンク




// ]]>