去年の夏にデング熱の国内感染者が70年ぶりに見つかり

世間を騒がせたデング熱ですがデング熱を予防するための

ワクチンが近々開発されるということがわかりました。

開発されるまでデング熱にならない為の蚊から身を守る

予防法について迫ってみようと思います。

 

mos4

デング熱やぶ蚊によって感染されると言われていますが

その蚊はネッタイシマカという蚊で日本での生息は

過去に見つかっていませんでした。

なので日本での感染者が出ることはまれで、海外の熱帯地方へ

行った日本人旅行者が持ち込んだとも言われています。

 

 

 

ただ日本にもヒトスジシマカという蚊が生息し、その蚊に

刺されると感染すると言われているので

海外へ渡航歴がない人でもデング熱に感染する恐れがあります。

 

 
デング熱は蚊に刺されて感染しますが、人から人への感染

ありませんので安心して下さい。

デング熱患者から血を吸った蚊が媒介し、他の人に感染する

傾向が強いことがわかりました。

 


スポンサードリンク



 

デング熱の初期症状は?

デングウイルスに感染した蚊に刺された症状は、高熱

頭痛、目の奥の痛み、顔が赤く紅潮してきます。

発熱は2日から7日持続すると言われ、その後全身の

筋肉痛や関節痛倦怠感を伴うようです。

潜伏期間は2日から15日くらいで、症状は1週間くらいで治り

日本国内でデング熱に感染し死亡した患者はいないようです。

 

 

デング熱の治療法は?

デング熱にかかっても治療する薬は今のところ見つかっておらず、

病院での点滴や解熱剤を使用し処置を行います。

デング熱に感染した患者はこれらの治療法で後遺症は残らず

しばらくすると回復します。

 

 

治った患者が蚊に刺され、その蚊から感染することはないのですが

熱が下がらないうちに蚊に刺された場合は、刺した蚊にウイルスが

感染する為に、熱の症状があるうちは蚊にさされないように

注意するようにしてください。

 


スポンサードリンク



 

デング熱のワクチンを開発?その前の予防法とは?

 

デング熱を予防する有効なワクチンはいまのところありません。

ですが武田薬品工業で近いうちに国内初のワクチンの生産を検討して

いるということがわかりました。

 

<以下引用>

武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長は読売新聞の取材に応じ、海外で開発中のデング熱予防ワクチンを国内で生産、販売することを検討していると明らかにした。

現在、世界的にデング熱に有効な薬やワクチンはない。国内でも今夏に感染者が多数現れ、不安が広がっていることを受けて対応する。ウェバー社長は「デングウイルスを保有する蚊が代々木公園で見つかるなど、先進国にも感染が広がっている。(熱帯地域に出国する)旅行者向けの需要も見込める」とし、「日本でもニーズがあれば生産、販売する」と語った。武田薬品は昨年5月、米国のワクチン開発会社を買収し、デング熱ワクチンの研究開発を引き継いだ。現在はコロンビアやプエルトリコ、タイなどで臨床試験を行っており早ければ2018年の実用化を目指している。

 

ワクチンが実用化されたら、デング熱の感染者の数も

減ることでしょう。

その開発が進むまでは、デング熱に感染しないよう注意が必要です。

 

 
特にヒトスジシマカは5月から10月下旬に多く活動しているとみられ

活動範囲は50~100メートルと言われています。

 

蚊に注意

 

去年ヒトスジシマカが発生したとみられる代々木公園の近隣住民

家の前に蚊取り線香を置いている家を多くみかけました。

蚊を寄せ付けないようにするには事前に防ぐことも必要ですね。

 

 
デングウイルスの感染元のやぶ蚊(ヒトスジシマカ)などは日中に活動するため

公園などのちょっとした木陰などで刺される傾向があります。

 

 
犬の散歩でそれらの時間帯に屋外に出ないか、お子さんを公園で遊ばせる時には、

肌の露出はなるべく避け長袖や長ズボンを着用し、素足でのサンダルは蚊に

刺される危険性があるのでやめた方がいいでしょう。。

外出する際は虫よけスプレーも常備していたほうがいいですね。

 

 
そして何と言っても蚊が発生する箇所が多いとされる

水たまりなどを無くし水の汲み置きなどもしないようにしてください。

そして空き缶や植木鉢などの少しの水溜まりにも蚊の発生源となる

ボウフラが発生しやすいので家の周りに置かないようにしましょう。

 

 
今年もヒトスジシマカが代々木公園で発生する可能性があるというので

東京都が外国人が多く集まる都立公園9カ所を含む25箇所へ拡大し

4月からヒトスジシマカの調査にあたっています。

 
デング熱にかからない為に日頃からの備えも万全にしておく必要が

あるかもしれませんね。

 


スポンサードリンク